カテゴリ

お通夜のときには喪服を着用する意味

女性はお通夜のときには喪服を着用するべきなのでしょうか。
元々喪服を持っている女性の方も多いですので、お通夜のときに喪服を着用して出席する方も結構たくさんいらっしゃいます。しかし基本的にはお通夜のときには喪服は着用してはいけないものなのです。

その理由は故人が亡くなることを予測していたということになるからです。
お葬式のときにはもうその方が亡くなってから一日経過していますし必ず着用する必要がありますが、通夜のときにはまだ着用しないようにしてください。
それではどのような服装で出席をすればいいのでしょうか。

カジュアルなファッションでもいいということではありません。
できるだけ暗めの服を着用するようにしてください。
普段通勤などに使っているスーツなどで黒っぽいものがあればそれを着用するようにするのがポイントです。
このマナーについては知らない方も結構いらっしゃるので通夜に平服を着用すると非常識だと思われてしまうこともあります。ですので取り合えず他の方がどのような服装をするのかを聞いてから決めるのも方法です。

マナーも大事ですが何よりも自分がその場で浮かないようにすることのほうが通夜の場では一番大事なのです。
そうは言っても最近ではお通夜にほとんどの方が喪服で参列しているのが実状のようです。
故人との関係やお通夜の形態など、状況に応じて判断していけばいいでしょう。

 

法要の際の女性の喪服に関するしきたり

法要を行う際、女性の喪服にもしきたりがあります。女性でも喪主であるか弔問客であるかでまた異なってきますが、服装に関してさほど大きな違いはありません。

通夜などで着る略式喪服の場合、黒のワンピースまたはツーピース、あるいは和服でしたら黒無地のものか、地味な柄のものを着用します。
アクセサリーは基本つけませんが、真珠のものであれば大丈夫ですが、結婚指輪のみの場合がほとんどです。
ワンピースを着る際に注意したいことは、布がツヤなど光沢がないものであること、ボタンやバックルがテカテカとしないものであること、夏であっても袖があるタイプを選び、露出はできるだけ避けましょう。

【和装の喪服について】
和装の際は、喪主や遺族の場合、羽二重に染抜きの五つ紋をつけた黒の無地に絽か紗の黒の名古屋帯という組み合わせが一般的ですが、最近では告別式でも略式喪服で通すところも多いです。
通夜、告別式後の法要では、基本は略式喪服になり、ワンピースを着用するタイプが多いです。
そして、1周忌、3周忌と、回を増すごとに平服にシフトしていき、喪の表現度合いを薄くして行きます。
だいたい3周忌までは黒のワンピースを着用するのが大半です。それ以降は少し地味な平服という認識でかまわないでしょう。

 

女性の喪服のレンタル

女性の場合喪服のレンタルを利用するのもおすすめです。
喪服は結婚式の服とはちがい、いつ着用するのか予想もつかないものです。あらかじめ用意をしておいてもいざ着用するときになると体系が変わってしまい、着用できなくなってしまうこともあるのです。

また、購入した場合には保管もきっちりとしなければいけません。
めったに使わないものですのでクリーニングに出さなければいけませんし、収納するためのスペースも必要になります。
レンタルの場合は自分が持っておく必要もありませんので収納のスペースも必要になりませんし、またクリーニングなどもする必要もありません。

そして年齢によって似合うデザインの違いもありますが、そのときの自分にあったデザインを見つけて着用することもできるのです。一つしかなければ同じデザインしか着用できません。
女性の場合でもビジネスをしている方でしたら着用することも多くなるかもしれませんが、そうでない場合はあまり着用しないものですのでレンタルほうがトータルでのコストが安くなります。

また喪服は基本的に緊急で必要になるものですので、大体の業者はすぐに貸し付けに対応をしてくれますので、非常に助かるはずです。
女性用喪服はこちら

 

【喪服にアクセサリー】
アクササリーについては先ほど少し触れましたがここで改めてまとめてみたいと思います。葬儀の場は故人を偲び冥福を祈るところです。着飾るのがふさわしい場所ではありません。故に、アクセサリーは基本的に身につけません。

結婚指輪はOK、パールのネックレス(一連のものに限る)も大丈夫です。ジェットのような黒一色で光らないアクセサリーならいいという風潮もありますが、一般的とは言えません。

気をつけたいのが服についているボタン。スーツのボタンの中には光をよく反射する素材のものもあります。慶事と弔事両方に使える礼服だと、ボタンの上からかけるカバーがついているケースもあります。喪服に使おうと考えている服がどういう状態か、万一の時にそのままで大丈夫か、対応策はあるか、あらかじめ確認しておきましょう。

靴やバッグもアクセサリーとみなされることがあります。どちらもエナメル素材は不可、安っぽいものも失礼です。靴は革の黒無地でてからないもの、バッグは小ぶりで黒、金色や銀色の金具がついているものは避けます。素材は革か布がいいでしょう。

女性ならではの注意点がひとつ。マニキュアは落としておきます。ネイルアートなどもっての外、表面を磨くのもほどほどに。

他のことと同様、葬儀のマナーも時代と共に少しずつ変わってきています。地域差もあります。不安な点は目上の女性に相談しましょう。相談できる相手がいない場合はつけない・やらない方が無難です。

 


Copyright (C) 喪服にまつわる女性としてのマナー All Rights Reserved.